圧着ハガキを使う意味

ふちのり圧着の種類

皆さんはこんなハガキをうけとったことはないでしょうか?内面がシールのように封じられていて、めくって中身を読むタイプのもの。最近は企業から届く新商品のお知らせなどでよく用いられています。こういったハガキは「圧着ハガキ」と呼ばれます。その名の通り、紙面を圧着することで、広い情報紙面を小さくまとめているハガキです。さらに定型ハガキサイズに限らず、a4サイズや封筒サイズなど、多様なサイズが展開されています。
今回は「圧着ハガキ」にはどのような種類があるのかをご紹介します。圧着の方法には主なものとしてUVニス圧着とふちのり圧着が挙げられます。UVニス圧着とは、紙面全体にニスを塗り、折りたたんだあとUVランプを当てて圧をかけることで圧着させる方法です。特徴として全体にニスを塗るため全面に光沢があります。きれいな写真で商品アピールをしたいときなどに向いています。
ふちのり圧着とは、紙面のふちにのみ糊を付けて圧着する方法です。封筒と同じ封書扱いになりますが、封筒よりも開封されやすいというメリットがあります。さらに低コストのため、多くの顧客に送りたいときには最適です。
どの方法にも共通して言えることは、圧着ハガキなら含まれる情報量が何倍にも増やせるということです。開封が簡単なため、顧客の開封率が高いというメリットもあり、企業にとっても顧客にとっても見やすい広告ツールと言えます。

圧着のa4サイズのハガキで開封率アップ

圧着タイプのa4サイズのハガキでDMを送ると開封率がアップします。封筒のDMだと封を開けないで捨てられてしまうことがありますが、圧着タイプだと剥がすだけなので宣伝効果が飛躍的にアップします。封筒のDMはチラシを入れることができるので情報量としては多いですが、封を開けて見てもらえなければ何もなりません。a4サイズの圧着であれば、ハガキの裏面にめくりたくなる文を印刷しておくと剥がして見てくれます。雑誌でいえば袋とじのような感じで、中身はなんだろうと気になるので心理的にも効果があります。圧着部分にも印刷できるタイプだと情報量をさらに増やすことが可能です。広げたときに2面になるのと、三つ折で3面になるのとがあります。デザインを工夫してカラフルにすることもできますし、写真を入れることもできるため開封率したときの効果は大きいです。めくる部分はコーナーカットになっているのと、めくる部分を片側少しずらしてあるのと2種類に用意されています。対応用紙はコート紙とマット紙があるのでどちらもお好きな方を選べます。コート紙は光沢があって表面がツルツルしておりカラー印刷に向いています。マット紙は光沢を半分に落とし仕上がりを美しくしていきます。写真を美しく見せたいときに選ばれることが多いです。

サービスとして「宛名印字・発送」まで承り、お客様の負担やコストを軽減します。 ダイレクトメールの印刷、加工、宛名印字、郵便番号区分、発送までまるごと弊社におまかせください! ISO9001を取得。品質管理体制も万全です。 環境に優しい企業を目指しISO14001を取得しております。 福岡・東京・大阪と、3つの地域を拠点としております。 a4のはがきならアド印刷へ

Copyright(C)2017 a4ハガキのコマーシャル力と効果的な利用方法を紹介 All Rights Reserved.