ビジネスでの用途

企業の案内に使われるa4圧着ハガキの魅力

ハガキのふちがピタッと圧着されていてしかもサイズが大きいタイプのハガキは、a4サイズの圧着ハガキとして主に企業が顧客に商品やサービスを案内するときに使われます。顧客に何かを知らせるのに電子メールを用いる企業は数多くありますが、それだと案内の効果は薄いです。電子メールは山ほど届きますので、スルーされてしまう確率がかなり高いです。しかし、ハガキで案内すれば、目に留まる確実はかなりアップします。しかもa4サイズならかなり大きいので、よっぽどのことがなければ普通に見てくれます。
この効果を狙ってa4サイズの圧着ハガキを顧客に送れば、商品やサービスをとても効果的に宣伝することができます。また、a4サイズの圧着ハガキにクーポンを付けたりすることもできますので、それならいっそうのこと興味を持ってもらえるはずです。興味を持ってもらえるなら多少コストはかさんでもa4サイズの圧着ハガキを作成する価値はありますし、それによって売り込みたい商品やサービスが顧客に認知されるならそれはとても良いことです。a4サイズの圧着ハガキは専門業者に注文すれば納得できるコストで作成してくれますし、商品やサービスを案内する形式として注目されています。

圧着ハガキの効果とメリット

圧着ハガキはお客さんに対して大きな効果をもたらします。新製品や新サービス、クーポンや料金表など様々な用途に利用できるでしょう。ここでは、そんなa4サイズの圧着ハガキについてメリットなどをご紹介していきます。
【開封率に優れている】
サイズに関わらず、圧着ハガキの開封率は100%を誇ります。なぜなら、封書とは違ってチラシをそのまま送ることができ、かつ圧着ハガキのめくる効果によって人の好奇心をくすぐる効果があるからです。
【a4サイズの大きさはインパクトがある】
郵便物は大抵の場合ハガキなどのような小さめのサイズばかりですが、a4サイズの大きさのものは頻繁に見かけることはありませんよね?郵便受けを開けたときに大きなサイズの圧着ハガキがあれば、つい手にとってしまうインパクトがあります。他の郵便物と比べて目立つというのは大きなメリットと言えるでしょう。
【情報量の割にコストパフォーマンスが高い】
a4の圧着ハガキは、普通のa4チラシと同じかそれ以上の情報量を掲載できます。載せたい情報量が多いときは、a4用紙2枚分を圧着すればa4チラシのおよそ2倍の情報をお客に届けることができますし、さらに封筒や封入作業が必要ないのでその分のコストも抑えることが可能となるでしょう。

Copyright(C)2017 a4ハガキのコマーシャル力と効果的な利用方法を紹介 All Rights Reserved.