圧着ハガキの細かい利点

個人情報も扱えるa4サイズの圧着ハガキ

企業が消費者に商品やサービスを宣伝するためには、住宅のポストに届けるハガキも有効です。大きなサイズであるa4サイズの圧着ハガキであれば、現在のキャンペーンや、発売したばかりの新商品をダイレクトに宣伝できます。さらに、圧着ハガキという性質上、外部から見えないページに個人情報を掲載することで、第三者に一切見られない状態で届けられるメリットもあるのです。
通常のハガキとは異なり、折り畳んでから圧着しているため、印刷と圧着を行っている業者と受け取った本人だけが中身を見られます。個人情報の取り扱いをしっかりしている業者を選ぶことで、a4サイズの圧着ハガキは封筒と同等の役割を果たします。封筒では破って開けるというアクションが必要ですが、圧着ハガキは角からペリペリとめくるだけで済み、新規のお客様にも注目してもらいやすい形態です。
以前に取引があったが、しばらく利用していない顧客へのアプローチとしても有効であり、カラフルなa4サイズの圧着ハガキを自宅へ届ける営業スタイルが多くの企業で行われています。圧着されている面は外から見えない状態だから、その顧客の名前や最近の取引について言及する文面で自社の存在をアピールできて、効果抜群です。

中身を見たくなるa4サイズの圧着ハガキ

自宅のポストから取り出した時に、a4サイズの圧着ハガキはとてもインパクトがあります。しかも、肝心の情報は圧着されたページに隠れていて、心理的にめくって確かめてみたい衝動に駆られるケースが大部分です。封筒の開封よりも簡単で、ハサミなどの道具を必要としない郵便物だから、とりあえずめくって中身を見てみるのが一般的な流れとなります。
営業で最も難しいのは話を聞いてもらうことで、郵便物においては同封した書類を読んでもらうことから全てが始まります。迫力があるa4サイズの圧着ハガキは、その存在感だけで受取人に訴えかけられる上に、ここからめくってください等の文面によって、自社の宣伝広告の空間へと引き込む力があるのです。圧着された部分をめくる行為は、それだけで1つの娯楽になるので、ポストから取り出して中身を見るまでが一連の行動パターンになることが、過去の実績から判明しています。
美しい画像を豊富に使えるa4サイズの圧着ハガキをじっくり見てもらえば、あとは刺激的なキャッチコピーなどで読者の心を掴むだけです。一通り読んでもらえれば、宣伝広告として大成功であり、同業他社と比較するにせよ、その消費者にとっての魅力的な選択肢の1つにまで昇格します。

Copyright(C)2017 a4ハガキのコマーシャル力と効果的な利用方法を紹介 All Rights Reserved.